四国新人大会 北条11-10貞光工

前半9分PGで先制しますが後半8分には同点に。

スクラムはやや押し込まれ,得意のラインアウトモールも押し込めず苦戦の北条。

しかも後半20分には逆転を許し4点のビハインド。

しかし,苦しい展開もBKが堪え,少ないチャンスを確実にものにして後半22分に再逆転

残り5分弱を堪えて見事勝利をあげました

新居監督の談話

 

貞光さんのFWが強かったし,そこの部分でやられたことが苦戦の原因です。

モールもこれまでのように押せませんでしたが,それは貞光さんが対策をされてた

ことだと思います。その代わりに,BKがディフェンスでよく頑張ったなと思います。

 

多くの方々に支えていただいたおかげでまた前に進むことができました。

今日は,地元からたくさんの応援の方にお越しいただき,熱い声援を送っていただき,本当にありがとうございます。

選手もまだまだ反省すべき点はありますが,それを改善して明日の試合に続けたいと思っております。

今日はどうもありがとうございました。


全画面表示 Flashなし版