2007年10月6日

リンドフィールド来日 国際親善試合


 

写真集

開会式

 

試合

 

懇親会

 

本イベントの経緯

1998年,兵庫県の川西ラグビースクールと三田RSが,オーストラリアに遠征を行い,ワルンガというチームと交流を持ちました。その際に,川西RS単独で,試合をしたいと打診したところ,紹介を受けたのがリンドフィールド・ジュニア・ラグビー・クラブでした。

2000年には,川西とリンド間で正式に交流を始めることとなり,早速日本からオーストラリアに遠征。翌2001年には,リンドフィールドが来日する予定でしたが,使用する予定の航空会社の倒産により止む無く中止。しかし,2002年には川西が再び遠征。以降,お互いに行き来して毎年交流を続けています。

2003年にリンドが来日する際には,関西圏だけでなく,日本の他地域も訪問したいとの要望がリンドからあり,さらにリンドからの「Hirosimaを訪問したい」との意向も勘案し,川西RS吉岡校長と愛媛県協会佐々木理事が旧知であったことから,愛媛での受け入れが決まったものです。ですので,愛媛における対戦は,今回で3回目となります。

過去の対戦結果
2003年10月4日 リンド 20-5 愛媛
2005年10月1日 リンド 65-0 北条RS
リンド 20-10 松山RS
リンド 15-15 愛媛ジュニア

 

リンドフィールドジュニアラグビークラブ

オーストラリアでは古く,規模が大きく,成功を収めているクラブのひとつです。シドニーに位置するクラブです。その歴史は古く,クラブの発足の思想は,第一次世界大戦にあるようです。リンドフィールド出身の兵士がフランスで戦っていた時,故郷に帰ったらスポーツクラブを作ろうという話になり,これに由来するようです。クラブは複合型クラブのようですが,ラグビークラブとして資料に名前が残っているのは1920年とのこと。クラブのオリジナルカラーである空色と白は,今日もジャージーに受け継がれています。

また,8才〜17才のクラブであり,クラブ総員は450名。今回はそのうち,11才〜12才が来日(30名)したものです。

現オーストラリア代表主将モートロックもリンドフィールドクラブ出身とか。

リンドフィールドHP:http://lindfieldrugby.rugbynet.com.au/

今回の遠征日程

9月28日(金) 来日

9月29日(土) 近畿で試合

9月30日(日) 近畿で試合の予定が雨で中止

10月1〜4日 京都,奈良,姫路,USJ

10月5日(金) 広島原爆記念公園を視察して松山入り

 大人は奥道後ホテル宿泊。子供はホームステイ。神輿・獅子舞で歓迎

10月6日(土) 砥部で試合。終了後バスで川西へ

10月7日(日) 神戸のチームと試合

10月8日(月) 関西空港から帰途

 

子供30人 大人20人 約50人のツアーです