四国大学リーグ

松山大20-10鳴門教育大(前半10-10) 松山大=グレー,鳴門=黄

前半は両チームとも1T1G1PGの全くのイーブン。このこう着状態は後半もつづき,後半25分まで10-10.攻め込みながらもなかならスコアできない松山大。しかし,後半26分にラインアウトモールを押し込んで勝ち越し。33分にも1トライを奪い,苦しみながらも勝利しました。

山本監督(松山大)の談話「最初から激しいラグビーをしないといけないと選手には言っていたのですが,ちょっと受けてしまって,競った試合になりました。後半の残り10分は,当初思っていたようなプレーができたと思います。」


全画面表示 Flashなし版