愛媛県ラグビーフットボール協会 2009.1.10


サントリーカップ

第5回全国小学生タグラグビー選手権大会四国ブロック大会

 

2009年1月10日@鳴門・大塚スポーツパーク球技場


東温二連覇ならず 惜しくも準優勝 川田西が徳島県勢初優勝

 

愛媛県チャンピオンを奪還した北条の2年ぶりの優勝か? はたまた東温の二連覇なるか? 注目の四国ブロック大会は

前日から降雪の予報がでており天候が心配される中,鳴門市の大塚スポーツパーク球技場で開催されました。

 

3チームずつ4ブロックに分かれての予選プールを勝ち上がったのは,愛媛と徳島の1・2位チーム。

抽選の結果,準決勝は同県同士の対戦に。

 

東温と北条の対戦となった準決勝は,とりつとられつの展開。最初,北条が2-0とリードしますが,そこから東温が追い上げ,後半2分にはついに4-4の同点に。3分に北条が得点し5-4とリードしますが,東温が2トライを返し,最終スコア6-5で東温が決勝に勝ち上がりました。

 

そして二連覇をかけて臨んだ決勝戦。もうひとつの準決勝を勝ち上がったのは川田西。立ち上がりの2分間に2トライをあげて,2-0と幸先のよいスタートをきった東温。しかしその後追いつかれ,前半は3-3の同点。後半早々にパスミスを拾われてトライを奪われ,その後もトライを重ねられ,3-7で敗戦。惜しくも二連覇はならなかったものの,2年連続の四国大会決勝進出は立派なもの。

 

また準決勝で敗退した北条ですが,準決勝敗退直後の選手と竹本監督が肩を落とす様子に心打たれるものがありました。優勝目指して真剣に取り組んでいた様子が伺えました。準決勝はレフリーとの意思疎通がうまくいかなかったゆえに苦戦・敗退したようにも見えましたが,一切言い訳はなく,竹本監督の口からでた言葉はただ一言,「選手を川田西と対戦させたかった」。Good loserという言葉がふさわしい戦いぶりでした。優勝はかないませんでしたが,選手の皆さんにとっては,心に残る思い出となったことと思います。

 

大会を見て感じたことですが,選手および監督の皆さんは本当に真剣に大会に臨まれてます。今後大会をさらに発展させ,競技性を高めるのであれば,トラブルの未然防止のためにもレフリングをもっとしっかりすべきと思います。レフリーの個人批判をしているのではありません。レフリーによるばらつきが大きく,選手が戸惑うシーンを多くみかけました。特に,オーバーステップ。また,タグの直後のオフサイドの位置の選手の裁き方。難しいのはわかるのですが,どうにかできんものでしょうか。そうしたところをきっちり裁くことができれば,競技性も高まり,参加チーム数も増えていくと思うのですが。

 

それと徳島県予選の参加チーム数は34チーム。かたや愛媛県は12チームです。徳島県では,鳴門教育大ラグビー部のOBが小学校教員となっており,そうしたネットワークを通じて参加チーム数を増やしているようです。愛媛県においてもそうした事例も参考に,普及を進める必要性を感じました。

 

 

●愛媛県チームメンバー表

 

 北条  東温  新宮

 

開会式

 

●予選リーグ 7分ハーフ

 

Aプール

東温サンダーラグビーズ

7−3

高知ブルーシャークス

Aプール

東温サンダーラグビーズ

7−5

香川大附属高松小U

Aプール

高知ブルーシャークス

5−4

香川大附属高松小U

 

Bプール

北島ウイナーズ(徳島)

6−1

大篠BLUESKY(高知)

Bプール

北島ウイナーズ

9−2

新宮ファイヤーキッズ

Bプール

大篠BLUESKY

5−4

新宮ファイヤーキッズ

 

Cプール

川田西レッドフェニックス(徳島)

5−1

香川大附属高松小V 

Cプール

川田西レッドフェニックス

6−1

嶺北グリーンファイターズ(高知)

Cプール

香川大附属高松小V 

8−7

嶺北グリーンファイターズ

 

Dプール

北条スーパースターズ

10−2

中野島小学校(徳島)

Dプール

北条スーパースターズ

9−4

ダンガンボーイズ(香川)

Dプール

中野島小学校

10−1

ダンガンボーイズ

 

 

●決勝トーナメント 7分ハーフ

準決勝

東温サンダーラグビーズ

6−5

北条スーパースターズ

準決勝

川田西レッドフェニックス

4−0

北島ウイナーズ

3位決定戦

北島ウイナーズ

5−3

北条スーパースターズ

決勝

川田西レッドフェニックス

7−3

東温サンダーラグビーズ

 

表彰式

 

結果一覧

 

井上写真館