三島39×10野村(前半10-3)

3試合連続の逆転勝ちで勢いに乗る野村。しかし個々の能力では勝る三島の方が一枚上手でした。スクラムではプレッシャーをかけて野村No.8のサイドアタックを封じ込め,攻めては決定力のある両WTBが野村ディフェンスを切り裂いてトライを重ね,終わってみれば39-10のスコアで快勝。2年連続2回目の新人戦優勝を勝ち取りました。

一方の野村,FWの平均体重では5kgおとるなか,気迫と戦術の徹底でこれをカバー。後半途中まで接戦を演じました。決勝で敗れはしましたが,今大会に強い印象を残してくれました。

優勝した三島は,2月14・15日の四国新人大会(高知)に出場。選抜をかけて戦います。


全画面表示 Flashなし版