愛媛県ラグビーフットボール協会 2009.6.15


広島ラグビー祭

2009年6月14日(日)@広島県総合グランドラグビー場 快晴

 

全愛媛   5−115 全広島(前半5-61)

    

愛媛U17 25−39 広島U17(前半0-22)

 

監督所感

 

尾道高校を中心とする全広島に対し、混成チームとして初めて試合をする全愛媛。現時点でのレベルの違いは一目瞭然であった。

スピード・スタミナ・スキル全てに勝る全広島チームに対して全愛媛は接点でのプレーの質を高めなければならないと思う。ただ、モールに対するディフェンスは短期間の練習で工夫が見られ、成長していると思った。

全体的には、懸命のディフェンスで全広島にかなりの数のハンドリングエラーを誘ったのは評価できる。しかし、その後のセットプレーでFWがボール確保できず、防戦一方になってしまった。

さらに、相手ハイパントに対する裏の守り(後ろのケア)が今後の課題となった。

ただ、ターンオーバーからの速いボールの運びを前回(5/17)の練習会で意識させていたので、前半25分にトライに結びつけた攻撃に愛媛県のラグビースタイルの確立へ、光を見た思いである。

今回、資格試験や怪我により、主力と思っている選手4名が不参加であった点も残念であった。再来週、岡山県近県大会に参加させていただき、全岡山と対戦するが、今回の課題をクリアする遠征としたい。

 

写真提供:小山田さん,山下さん


全画面表示 Flashなし版