高校全国大会予選2回戦

東予8-5松山東

SOからのパントを中心に攻める東予。松山東はパント処理やラックサイドでミスを繰り返し,前半は8-0で東予のリード。後半6分に,松山東が1トライをあげて,8-5と1PG差に迫りますが,のこり20分の攻防は,ともに攻め手を欠き,8-5のままノーサイド。東予が1PG差で勝利をものにしました。


全画面表示 Flashなし版