全国高専大会

2010年1月5日@神戸ユニバー競技場

弓削5-57奈良(前半5-19,後半0-38)

昨年準優勝の奈良は今年の優勝候補。その奈良高専を相手に弓削が善戦しました。

奈良のバインドの固いモール攻撃でトライを奪われ,前半16分までに0-19とリードされますが,ここから弓削が踏ん張りました。奈良に攻め込まれながらもぎりぎりのところで止めて追加点を許しません。そして,SO井上とFB船倉のパントがさえわたり,徐々に奈良陣地へ攻め込み,前半28分,ゴール前5mのラインアウトからPR竹内がインゴールに飛び込んでトライ。5-19と追いすがって前半終了。

風下にまわった後半は,前半のようにキックで攻め込むことができず,実力で上回る奈良に徐々に点差を離され,最終スコアは5-57となりましたが,最後まであきらめずにタックルをする弓削の選手は立派でした。

本来アタックが好きな彼らですが,ディフェンスもしっかりやってました。前半の出来は100点に近いのではないでしょうか。敗れはしましたが,全国大会でしっかりと足跡を残したと思います。

出場メンバー


全画面表示 Flashなし版