高校・四国大会

三島25-12高松北

試合開始直前から雨が本格的に降り始め,そのためミスが多く,点差が開かない試合となりましたが,三島が着々とスコアを重ね,後半23分には25-0。その後は三島が選手を入れ替えたためかターンオーバーが多く発生し,2トライ奪われましたが,それまでの内容は,決して会心の出来とは言えませんが,天候を考えるとまずまずといったところではないでしょうか。しかし,ゴールキックが5本とも決まらなかったところは要反省。グラウンドは違いますが北条は6本すべてを成功させてます。


全画面表示 Flashなし版