関西中学生大会

Aグループ初勝利!!

2010年7月30日-8月1日@数河高原

1回戦 愛媛県選抜 3

0

3

33

12

45 大阪府中学校選抜
敗者戦 愛媛県選抜 7

7

0

19

22

41 兵庫県スクール選抜
7・8位戦 愛媛県選抜 37

8

29

12

7

19 静岡県スクール選抜

昨年度Bグループで優勝し、今年度は関西地区の強豪が揃うAグループでの戦いでした。1回戦は、前回大会優勝の大阪府中学校選抜でしたが、得点差はつきましたが、前回優勝チームに果敢なタックルで挑み、後半は内容あるゲームができました。

大会2日目の敗者戦も実力チームの兵庫県スクール選抜でしたが、先制得点を上げ前半途中まではリードしていましたが、体格の差から逆転されました。タックルが甘くなるとAグループでは、すぐに点差が開きます。

最終日の7位・8位決定戦では、キャプテンの渡部寛太(北条北中)を中心に、前半はリードされながらも低いタックルとボールを大きく動かすラグビーで逆転勝利を収めました。この勝利は、愛媛県の中学生としては、Aグループの中で初勝利であり、来年度もAグループで戦える権利を得ることができました。来年も後輩たちがこのステージに立てることは、2017年のえひめ国体に向けてのジュニア層の強化に大いに役立ちます。昨年度から愛媛県選抜として出場しており、選手の構成は、城西中学校、北条北中、愛媛ジュニアラグビースクール、宇摩ジュニアラグビースクールから選手を選抜しました。今後は、12月に行われる全国ジュニア大会出場を目指し、四国・中国地区の予選を突破できるように、さらに練習を積みチーム力を高めます。

補足説明

※1 関西ラグビーフットボール協会加盟について

 東海、北陸、近畿、中国、四国地区の2府20県の協会が加盟している。

 

※2 関西中学生大会A・Bグループについて

 第22回大会(平成13年度)より、それまでの中学校の部、スクールの部の二部制から実力上位のAグループ(8チーム)、その他のBグループ(8チーム)に変更された。その年より、Bグループ優勝チームが次年度Aグループへ昇格し、Aグループ最下位(3戦全敗)がBグループへ降格となっている。

 

※3 愛媛県の戦績

 過去に愛媛県の中学生の代表は、第24回(愛媛・徳島スクール選抜として出場)、第27回(四国選抜として出場)、第29回(四国スクール選抜として出場)にAグループに出場したが、3大会ともに3戦全敗で次年度Bグループへ降格している。

 

文責:安居理事

 


全画面表示 Flashなし版