全国ジュニア

愛媛10-31群馬

体躯の大きい3番の選手が積極的に突っ込んでくる群馬の戦法。これを止めることができず,前半は0-26.奇しくも初戦の東京戦と同じスコア。風上に立った後半はボールを散らす愛媛のペースとなり,後半だけでは10-5。前半のタックルミスが悔やまれます。同じことを繰り返していたら進歩はありません。

とはいうものの,前年の忽那組にくらべるとやや戦力的には劣るかと1年前には思いましたが,2年連続で全国ジュニアに出場し,関西大会ではAで初勝利をあげた活躍は見事でした。31日は天気が悪そうですが,思いっきり花園の芝の上を駆けて欲しいです。しっとりした気持ちのいい芝でした。


全画面表示 Flashなし版