愛媛県ラグビーフットボール協会 2011.12.4


 

ジャパンラグビー トップリーグ

 

コカ・コーラ 12−31 神戸製鋼

 

2011年12月4日(日)ニンジニアスタジアム

 

写真集
(キャプションなし)

 

愛媛県協会記念事業(タグラグビー)

 

オープニングイベント(ひめキュン)

 

選手入場

 

試合(前半)

 

ハーフタイムショー(ひめキュン)

 

試合(後半)

 

 

 

マッチレポート

 

 

前日の雨もあがって上天気の愛媛県総合運動公園ニンジニアスタジアムには2600人を超えるラグビーファンが詰めかけた。

13 時にコーラのキックオフで始まったこの試合、両チームともに好ディフェンスが続く中、均衡が破られたのは前半12分だった。コーラのキックから神戸がカウ ンターアタックで敵陣に攻め込み、BKでつないでWTB濱島がトライ。ゴールも決まり7-0とリードする。コーラも反撃すべく敵陣へ攻め込むが得点には繋 がらず苦戦を強いられる。これに対して神戸は、前半30分にCTB山本のPG成功でリードを広げ、さらに35分にNo.8マパカイトロ、40分にCTBフ レイザー・アンダーソンがトライを重ね、前半を24-0で終えた。

後半もこのまま神戸の一方的なペースになるかと思われたが、コーラが反撃開始。後半9分、敵陣22mL付近でのラインアウトからFLファアマトゥアイヌがトライ。さらに24分にもBKラインに展開しSO福田がトライ。 24-12と神戸に迫る。その後もコーラが神戸ゴール前に攻め込み、一揆果敢に攻め続けるが、神戸がこの苦しい局面をしのぎきり、コーラはトライならず。 逆に終了間際には神戸が自陣10m付近から右に展開し、FB正面が個人技で抜き去ってトライ。31対12で神戸が勝利した。

何度も鋭いランニングを披露した正面がマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。



◎コカ・コーラウエストレッドスパークス
○向井昭吾監督

「私の地元の愛媛で勝利したかったのですが、今日は前半から攻めるつもりで攻めた中で、私たちのミスからトライを奪われてしまった。後半追い上げて、あの形にもっていくのが、今の私たちの形だったのだが、追い上げきれなかった。」

○平原大敬キャプテン
「後半の攻めた形を前半からやれれば、うちの形なんですけど、ミスでトライを取られたのが今日の敗因。しっかり修正して、前半から形に持っていけるようにしたい。」

記者:「後半、戦術面で修正したところは?」
向井:「ボールを持って前に出られる選手を入れて、そこを起点に、短い連続攻撃のうちにトライを取るように修正した。」

記者:「後半に攻め続けてもトライを取れなかったが、今後の課題やテーマは?」
向井:「神戸さんはディフェンスが固いので,後ろにグラバーで転がすという手もあったと思うが,試合の流れ中の判断をよくするには、ゲームをこなすしかない。そういうところのオプションを増やして次のゲームに持っていきたい。」

◎神戸製鋼コベルコスティーラーズ
○苑田右二ヘッドコーチ

「(過 去の試合は)晴れ・雨・晴れ・雨とずっと続いてきていたので、今日は晴れるだろうと思っていたが、快晴の中、ボールを動かすゲームができてうれしく思う。 前半はいいゲームができたが、後半はディフェンスばかりだった。しかし、何とか我慢してボーナスポイントも取ることができて、非常に価値のある勝利だと思 う。」

○平島久照キャプテン
「後半はディフェンスの時間が長くて自分たちのペースではなかったが、我慢して、そこから得点につなげていけたのは、チームとしてよかったと思う。後半の修正点をきっちりとやって、今後のゲームにつなげていきたい。」

記者:「前戦から5〜6人メンバーがかわったと思うが、その理由は? また前戦から2週間余りの間をどう過ごしたか?」
苑田:「自分たちのやることを確認した。練習ゲームでアグレッシブなプレーをしている選手をピックアップして今日の試合に使った。」

記者:「後半に苦しんだ原因は?」
苑田:「レフリーとのすれ違いというか、理解の違いで反則が多くなってしまった。レフリーに確認して修正していきたい。」