愛媛県ラグビーフットボール協会 2012.8.26


国体少年決勝 5年連続本戦出場を決める

2012年8月26日 香川県総合運動公園

愛媛14−7徳島

link to large picture

 

CTB前田が発熱で欠場した以外はほぼベストメンバーの愛媛。先発15人中,何と2年生が6人。登録23人中でも2年生は9人と若いチーム。

 

徳島がFWプレーを徹底してくることはあらかじめ予測できたところ。愛媛としては,モールラックサイドを低く厳しいタックルでとめて,BK勝負したいところです。

 

前半は,愛媛がBKで左右に振ると,徳島FWが立ち位置のオフサイドを繰り返し,SO渡邊が3PGを成功させて,前半を9-0とリード。一方の徳島は,マイボールラインアウトが安定せず,FWで攻勢にでることができなかったように思います。

 

しかし,後半は愛媛のキックミスから徳島がゴール前に攻め込み,後半3分に徳島FWがラックサイドをもぐってトラ

イ。Gも決まって,9-7.ここからは徳島の時間。愛媛はなかなか敵陣に入ることができない,ひやひやの時間帯を過ごします。しかしこれをタックルでこらえ,徳島の反則でようよう敵陣22mまで戻せた後半18分。ラインアウトからの連続攻撃で,最後はWTB前田が3人のタックルをはずして左隅にトライ。Gは失敗。

 

残り時間10分。しかしまだ気持ちを緩めることのできない愛媛。1T1Gで同点に追いつかれる点差。おそらく本戦出場権がトライで上回る徳島になるのでは。ラストプレーは徳島ボールで徳島陣22m内のスクラム。徳島はここでやはりスクラムサイドアタック。これに愛媛SO渡邊がナイスタックル。徳島はたまらずノックオン。直後にノーサイドの笛。岐阜国体への出場が決まりました。

 

 

1上甲(野村),2椙野兄(北条),3西岡(三島),4小原(北条),5宇高(北条),6和田(松工),7渡邉(三島),8萩山(松工),9高橋(三島),10渡邊(三島),11大久保(三島),12椙野弟(北条),13長谷川(三島),14前田公(北条),15渡部(北条)

 

交代:1→洲之内(北条),6→大森(北条),7→清家

 

リザーブ:福島(北条),吉田(松工),沖野(松商),武田(野村),有馬(北条)

 


全画面表示 Flashなし版