愛媛県ラグビーフットボール協会 2012.10.5


 

国体1回戦

 

2012年10月5日岐阜県関市中池多目的広場

 

15人制25分ハーフ

 

タイムアップ直前の宇高の逆転トライは,愛媛県勢にとって13年ぶりの国体勝利をもらたしました。FW・ BKが一体となった連続攻撃でつないだトライは見事でした。


国体での少年愛媛の勝利 は,1999年熊本国体1回戦(愛媛34-19長野)以来,13年ぶり。当時のメンバーには山本貢,松江章嘉,小松友也らの名前が。また,高校の 15人制全国大会での勝利も1999年度の花園(新田19-15富山一)以来とおもいます。(ただし,2002年の選抜で松山商が東福岡に17-17で引 き分けたのがあります。) 


13 年ぶりの全国大会勝利は,愛媛のラグビー関係者の待ち望んだものでした。この間,四国代表の座を徳島に4年連続で奪われたこともありました。そう したどん底から,愛媛の指導者が一体となって全愛媛の指導体制を構築し,最近では5年連続の全国大会出場。しかし過去4年は,1勝が遠かった。宮 城・青森との対戦では全国との差も感じました。今日の勝利も,苦しんでの逆転勝ち。今日の勝利に満足することなく,明日の試合,さらには先を目指 して頑張ってほしいとおもいます。


今 年の3年生は,中学校時代にも,それまで中国地区にうばわれていた出場権を奪還し,全国ジュニアに出場した代でした。そのチームの主将は,石見智 翠館(島根)に進んだ忽那健太。今日の試合で,島根が勝ち上がり,2回戦でその忽那率いる島根と対戦することになったのも何か因縁めいた感じも。 実力は明らかに島根が上でしょう。何と言っても選抜準優勝チームです。思いきった戦いを!

 

愛媛 24 7 10 22 岐阜 photo
17 12

 

今日のドラえもん

 

島根の県人選手

会場の模様

道中記