愛媛県ラグビーフットボール協会 2013.12.1


 

全国大会出場チーム紹介

松山大

 

第64回全国地区対抗に,9年ぶり(26回目)の出場を決めた松山大。出場回数は,昨年までの時点で北海道大33回に次いで2位の25回。昭和29年度と32年度には準優勝しており,古豪といってもいいでしょう。

 

しかし,平成16年度の出場を最後に,全国からは遠のいてしまっていました。その間,環太平洋大が強化を始めたことも全国出場を逃していた理由のひとつでしょう。しかし,平成17年度には愛媛大の後塵を拝し,愛媛大が地区対抗出場。かつての栄光を知るOB諸兄にとっては,さびしく感じたことではないでしょうか。そこで平成19年2月に山本巌さん(元日本代表監督)に監督就任を打診し快諾を得て,再起に向けてスタートしたのでした。

 

しかしながら,学校が強化に力を入れる徳山大・環太平洋大の壁は厚かった。中四国予選をなかなか突破できませんでした。しかし,監督就任7年目の今年,ついにその壁を突破し,9年ぶりに瑞穂の芝を踏むこととなったのです。

 

山本監督が就任した時には部員は20名程度。その後徐々に増え,今年は部員29名,女子マネ5名となり,戦う体制が整ってきました。

 

大会は1月2,4,6日に愛知県瑞穂ラグビー場で開催されます。出場チームが出そろうのは12月7日。組みあわせもその頃に決まるのでしょう。

 

かつては,日体大,関東学院大,帝京大も出場していた地区対抗。全国の強豪がそろう大会で,厳しい戦いになることと思いますが,瑞穂からの吉報を期待しています。

 

(選手・サポーターの皆様には申し訳ありませんが,瑞穂には取材に行けません。ご寛容を)

 

 

選手紹介

 

えとせとら

 

撮影:2013年11月30日(土)